STORAGE Blog http://www.cappadocia-restaurant.com Thu, 04 Aug 2022 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 5G対応スマホの「realme Q5」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/08/05/news-20220805/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/08/05/news-20220805/#comments Thu, 04 Aug 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2022/08/05/news-20220805/ Continue reading ]]> “5Gには4Gの約10倍となる多接続性がありますので、多くの人が同時に接続しても快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーからローエンドクラスやハイスペッククラスなどの数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「realme Q5」という5Gスマホがあり、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUやリフレッシュレート90Hzの高速駆動にも対応している高精細大型ディスプレイ、明るくて鮮やかな写真を撮ることが可能な高性能カメラや一日しっかり使える大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約28000円でRAM8GB/128GBモデルが約32000円でRAM8GB/256GBモデルが約37000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約195gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはイエロー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは60Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 695 5G SM6375 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+ポートレート撮影できる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(realme UI 3.0)のサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/08/05/news-20220805/feed/ 0
5Gスマホの買い替えのタイミングとは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/06/11/news-20220611/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/06/11/news-20220611/#comments Fri, 10 Jun 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2022/06/11/news-20220611/ Continue reading ]]> “次世代通信規格「5G」に対応したスマホ端末は、各メーカーから新しい機種が続々と登場しています。では5G対応のスマホに買い替えるのはいつがよいのでしょうか?ここでは5Gスマホに買い替えるタイミングについてまとめてみましょう。
【5Gスマホの買い替え時期はいつがいい?まだ早い?】
キャリアや格安SIM会社でも5Gサービスの提供がスタートしており、各メーカーから最新の5G対応のスマホが登場していますね。5G対応のスマホは最新技術を搭載した魅力的なものが多く、買い替えを検討しているという人も多いでしょう。では5Gスマホに買い替えるタイミングはいつがよいのでしょうか?実際のところ、すぐに5Gスマホに買い替えた方がよいという人と、まだ5Gスマホに買い替えなくてもよい人がいます。
【5Gスマホにすぐに買い替えるべき人とは?】
今すぐに5G対応のスマホに買い替えた方がよい人の特徴をまとめてみましょう。
・すぐに5G通信を体験してみたい人
・行動範囲が5G対応エリア内である人
・使用中のスマホに不具合があって、機種変更を早急に行いたい人
・高性能な最新スマホを使ってみたい人
このような人は5G対応のスマホにすぐに買い替えるのをおすすめします。
実情、5G対応のエリアは限られています。そのため自宅や会社など行動する範囲が、5G対応のエリアという人であれば5Gスマホに買い替えるメリットはあります。また新しもの好きな人、5G通信をすぐに試してみたいという人にもおすすめです。5Gエリア自体は各キャリアで、現在急ピッチで拡大を続けており、各社によって対応エリアに違いがあります。そのため、自分の行動範囲が5G対応エリアかどうかを知りたい方は、各社の公式サイトから確認してみるのがおすすめです。
また現在キャリアで販売されている最新のスマホは、ほとんどが5G対応になっています。auにおいては、今後発売するスマホは全て5G対応になると発表していますので、今後機種変更する方は必然的に5G対応のスマホを購入することになるでしょう。
【5Gスマホを今すぐに買い替える必要がない人とは?】
今すぐに5G対応のスマホに買い替える必要がない人の特徴をまとめてみましょう。
・普段の行動範囲が5G対応のエリア外である人
・スマホの性能に特にこだわりのない人
先ほどお話した通り、5Gエリアは各キャリアで拡大中の段階で、まだ多くのエリアでは5G通信のエリア対象外となっています。特に都市部以外にお住まいの方では、5Gに対応していないことが多いので、今すぐに5Gスマホに買い替えたところで、5G通信を体感することはできません。
また5G通信が完全に普及するまでの間は、これまでの4G通信も問題なく使用できるようになっています。そのため、つい最近スマホを買い替えたという人であれば、急いで5Gスマホに買い替える必要はないでしょう。
【5G導入でWi-Fiは不要になるの?】
5Gは高速大容量の通信が可能になります。そのためWi-Fiはもう必要なくなるのでは?という議論がなされています。では実際に5Gが導入され、広く普及するとWi-Fiは必要なくなるのでしょうか?結論から申し上げるとその答えは「NO」でしょう。
Wi-Fiは自宅や会社など固定のインターネット回線にルーターを介して接続する方法と、カフェ、レストランなど公衆無線LAN(フリーWi-Fi)を介して接続する方法があります。5Gが導入されたとしても、ルーターを介して接続するタイプのWi-Fiがなくなることはまずないでしょう。なぜなら光回線やケーブルテレビ回線のような固定回線は5Gとは関係がないからです。
今の段階では5Gが始まってすぐにWi-Fiがなくなるということは考えにくいものの、今後5G普及が拡大すれば、5Gを使う人が増え料金も下がり、低料金で高速データが使い放題になる日も来るかもしれませんね。そうなればますますスマホ文化は広く浸透するでしょう。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/06/11/news-20220611/feed/ 0
5G対応スマホの「vivo Y55」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/04/21/news-20220421/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/04/21/news-20220421/#comments Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2022/04/21/news-20220421/ Continue reading ]]> “5Gは4Gよりも圧倒的な高速通信になっていますので、スマホでの高画質動画の配信サービスや動きの速いオンラインゲームなども気持ちよく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo Y55」という5Gスマホがあり、美しい画像や映像を撮影できる高性能カメラや迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイ、負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約34000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約187gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオーロラとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2408×1080でアスペクト比20:9の約6.58インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+約マクロ撮影ができる200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値1.8の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、プロフェッショナルモード、スーパーナイトモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャック、冷却システムや防水・防塵機能がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/04/21/news-20220421/feed/ 0
5G対応スマホの「AGM G1」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/02/18/news-20220218/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/02/18/news-20220218/#comments Thu, 17 Feb 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2022/02/18/news-20220218/ Continue reading ]]> “スマートフォンを使用している多くの人が、通信が遅くてイライラしたり繋がりにくくて諦めたりしたことがあると思いますが、5Gスマホなら高速大容量通信と低遅延によって快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォン国内だけではなく海外でも多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「AGM G1」という5Gスマホがあり、旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーや誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラ、3Dゲームなどの激しい動きでも滑らかにに再生する高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約66000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約84ミリ、高さ約174ミリ、厚さ約17.5ミリ、重さ約360gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.53インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電と10Wのワイヤレス充電に対応している6200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+night vision IMX365センサーがついた約2000万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでレーザー距離計やデュアルステレオスピーカー、防水防塵/耐衝撃やハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2022/02/18/news-20220218/feed/ 0
5G対応スマホの「DOOGEE V10」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/11/29/news-20211129/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/11/29/news-20211129/#comments Sun, 28 Nov 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/11/29/news-20211129/ Continue reading ]]> “今現在で最も高性能な無線通信環境は5Gとされており、これは4Gではなかなか実現できなかった高速大容量通信や低遅延、同時多接続を実現させているからです。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「DOOGEE V10」という5Gスマホがあり、最適な動作スピードを発揮する高性能CPUやワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、どこでも美しい写真が撮れる高性能カメラや残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約83ミリ、高さ約169ミリ、厚さ約16ミリ、重さ約340gになっており、カラーバリエーションはレッド、ゴールドオレンジ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1560×720でアスペクト比19.5:9の約6.3インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している8500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用していますので、いつでもどこでも安心して使用できると思います。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、ハイブリッド光学ズーム、パノラマモード、スーパーナイトモード、スローモーション撮影、ビューティーモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで赤外線センサーや防水防塵、耐衝撃(MIL-STD-810G)などがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gスマホで何が変わるのでしょうか?こちらを参照してください。

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/11/29/news-20211129/feed/ 0
5G対応スマホの「V21e 5G」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/30/news-20211030/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/30/news-20211030/#comments Fri, 29 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/10/30/news-20211030/ Continue reading ]]> “5Gの高速大容量通信で8K動画の再生もスムーズになりますし、安定した接続でオンラインゲームでもタイムラグなく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「V21e 5G」という5Gスマホがあり、大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUや高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイ、豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約38000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約165gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはダークパープルとサンセットジャズの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2404×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは44Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、スローモーション撮影、HDR、パノラマモード、スーパーナイトモード、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Funtouch OS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/30/news-20211030/feed/ 0
5G対応スマホの「HONOR Play5 5G」とは? http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/14/news-20211014/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/14/news-20211014/#comments Wed, 13 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/10/14/news-20211014/ Continue reading ]]> “5Gの高速ダウンロードは約2時間の映画でも数秒でダウンロードすることができますし、オンラインゲーム中の遅延もありませんのでスマートフォンを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「HONOR Play5 5G」という5Gスマホがあり、色鮮やかで発色が良くバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイやAI対応により被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラ、安心して使用できる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルは約36000円でRAM8GB/256GBモデルは約39000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約179gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはエメラルド、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2340×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している3800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、HDR、スーパーナイトモード、パノラマモード、オートフォーカス、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Magic UI 4.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/10/14/news-20211014/feed/ 0
安さで選ばれている5G対応スマートフォンはどれ? http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/07/30/news-20210730/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/07/30/news-20210730/#comments Thu, 29 Jul 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/07/30/news-20210730/ Continue reading ]]> “ミドルレンジモデルなのに3万円を切る価格で販売されている、そんな5G対応スマートフォンは今では珍しくありません。ですが、大手キャリアでさえも安売りをしている・・・そんな印象があるので、「本当に快適な動作をするのか」が不安という人もおられます。そこで今回の記事では、安くてベストセラーの5G対応スマートフォンをピックアップしていこうと思います。
そもそも5G対応スマートフォンの中でも売れ筋のものは、有名な企業のスマートフォンばかりなので不安要素は少ないです。5G対応スマートフォンのミドルレンジモデル部門で上位に位置するものでは、「SHARP AQUOS sense5G、Samsung Galaxy A32 5G、Redmi Note 9T」が特に優秀なのですが、これらの3モデルについては次のような特徴があるので、コストパフォーマンスは最高クラスといっても過言ではありません。
まず価格からの比較となりますが、実は差と呼べるものはほとんどありません。今では、スマホおかえしプログラム(docomoで提供中のプログラム)があるので、ミドルレンジモデルで安いものであれば3万円を切るものばかりとなっています。もし価格差が生じる場合も、1000~3000円の違いがあるかどうか・・・というレベルです。
では、どのような違いで売れ行きに差が出ているのかというと、それは、サイズ差による売れ行きの差が大きかったりします。というのも、SHARP AQUOSシリーズ、SONY Xperiaシリーズのような国産スマホであれば、「小型化に成功している」のですが海外スマホはこれに該当しないからです。実際に5G対応スマートフォンの売れ行きランキングでも、上位は国産スマホ、Samsung、HUAWEI、Appleのどれかという状況のため、世界的に大ヒットしているメーカーのみで購入検討を進めたい場合は、前述のメーカーを参考にするとよいでしょう。
ちなみに、Galaxyシリーズなどは6インチ以上、国産スマホは6インチを切るサイズのため、実際にもってみるとかなりの差があることに気づきます。重量では150~199gの重さが多く、海外スマホの場合は200gを超える5G対応スマートフォンが多いです。
では、海外スマホにはあまり長所はないのか・・・というと、そうでもありません。中華スマホの場合、ミドルレンジモデルであってもカメラ性能がよい、トリプルカメラ搭載のモデルが増えていますし、シンプルなRAMの違いでは海外スマホのほうが国産スマホよりも上です。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/07/30/news-20210730/feed/ 0
かんたんモードが便利!Galaxy A21 http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/29/news-20210529/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/29/news-20210529/#comments Fri, 28 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/05/29/news-20210529/ Continue reading ]]> “Galaxyシリーズといえば皆さんは、どんなイメージがあるでしょうか。高性能で価格も高いというイメージをお持ちの方も多いと思います。今回ご紹介する「Galaxy A21」は初めてスマートフォンを使う方でも操作しやすい、見た目も使いやすさもとにかくシンプルさにこだわってデザインされたスマートフォンです。これからスマホデビューを考えている方、機能よりも使いやすいスマホに買い替えを検討中の方は是非、参考にしてください。
Galaxy A21は、よく使う機能だけを厳選して選ばれた大きなアイコンとシンプルさにこだわってつくられたホーム画面が特長です。「ダイヤル」や「カメラ」機能、その他アプリをまとめたアイコンなど、かんたんモード搭載なのでぱっと見た時に何かどこにあるのか探さなくても分かります。
またメールや電話をよくする相手の連絡先を、ホーム画面に設定できるので必要な時にすぐにアクセスできる点も魅力です。ボタン一つで設定できる便利なアイコンは時間の短縮にもなりますし、電話帳から探す手間も省けるのでとても便利です。
そしてディスプレイは、今流行りのベゼルレスディスプレイとなっているので大きく見やすいです。画面が小さいと表示される文字も小さくなってしまうため、読み間違えたり誤操作を招くことがありますがそうした心配がない点は嬉しいですね。
また万が一、操作方法で分からないことがあればGalaxy専用のサポートセンターに直通で連絡することも可能です。スマホは、操作方法が分からないという方が多くお困りの方も多いですがボタン一つで簡単に質問できるのは嬉しいですね。この機会にスマホデビューを考えている方は、是非Galaxy A21を検討してみてください。
またスマホデビューだけでなく、お子様と一緒にスマホを使いたい方にもおすすめします。Galaxy A21には、お子様が使うアプリを制限したりダウンロードしたいアプリは許可制にすることができるので安心して一緒に使うことができます。位置情報の確認やインストールしたアプリの確認、利用時間の制限など保護者が知りたい情報をすぐにチェックできる点も嬉しいですね。
防水防塵機能搭載で、3600mAhの大容量バッテリーとなっているので外でも安心して使えます。また首からぶら下げることができるストラップホールも搭載されているので、スマホをなくさないようにしたい方にもおすすめです。
シンプルで見やすく使いやすさにこだわってつくられた、人気のGalaxyシリーズを是非一度試してみてはいかがでしょうか。”

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/29/news-20210529/feed/ 0
100倍ズーム搭載!Galaxy S20 Ultra 5G http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/19/news-20210519/ http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/19/news-20210519/#comments Tue, 18 May 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/cappadocia-restaurant-com/2021/05/19/news-20210519/ Continue reading ]]> “現在、Androidスマートフォンも様々な機種が登場しています。中でも今回ご紹介する「Galaxy S20 ultra 5G」は、日本で購入できるスマートフォンの中で最もハイスペックな最高級スマホだと言えます。特に、日本ではau専属のハイエンドモデルになるためauユーザー以外の方は購入するのが困難なこともあり、持っているだけで優越感を感じられるかもしれません。それほど、人気で希少価値のあるものとなっています。今販売されているスマホの中で最もハイスペックなスマホとは、一体どんなスマートフォンなのか是非一緒にみていきましょう。
Galaxy S20 Ultra 5Gは、チップセットにsnapdragon865を搭載、12GBのRAMと128GBのROMを搭載したハイエンドスマホです。これだけの容量を備えているスマホは非常に珍しいです。中でも最大の特徴は、1億800万画素の広角カメラと1200万画素の超広角カメラ、4800万画素の望遠レンズ、深度センサーが搭載された四つのレンズで、最大100倍のズームに対応している点です。他社のスマートフォンで30倍のズームでもかなりインパクトがありますが、100倍となると想像すらできないという方も多いかもしれません。これをサムスンでは、「スペースズーム」と称しています。肉眼では見えない様々なものをズームしていくだけで、また違う世界を楽しめる、それが今回ご紹介しているGalaxy S20 Ultra 5Gの魅力です。
ただ、スペースズームは拡大してみると分かるのですが画質が少々粗いので注意してください。また1億800万画素の広角レンズ搭載というのは驚異的です。Galaxyシリーズは、4000万画素や5000万画素といったハイスペックなレンズが多いですが、中でもこちらは飛びぬけています。またsnapdragon865を搭載している点をみても、スマホ全体の処理能力も高いことが分かりますね。
RAMも12GB、128GBのROMとなっているので複数のアプリを同時に起動しても問題なくサクサク動く点は嬉しいですね。カメラで撮影した写真をアルバムに入れて、加工アプリを使っていくつか修正したり、そのままSNSに投稿するという時にもサクサク動いてくれます。これがsnapdragon700番台のミドルレンジモデルだとなかなかそうはいきません。もし、スマホ選びで迷った時は、CPUに何を使っているか確認してみるといいですね。
ただし本体価格は、およそ16万円となっているので決して安いスマートフォンとは言えません。容量が多いものがいいのか、スペックにこだわりたいのかしっかり考えて検討してみてください。”galaxy compare

]]>
http://www.cappadocia-restaurant.com/2021/05/19/news-20210519/feed/ 0