“ハイエンドは“大きめ”片手操作補助があると便利 “

日常に欠かせないスマホ。日々手に取るからこそ、本体や画面のサイズ、本体の重量と形状はしっかり確認したいポイントです。本体サイズですが、基本的に画面サイズに比例して大きくなります。ハイエンドスマホの多くは、映像表現を重視する観点から大きなディスプレイを搭載する傾向にあり、片手で使うには厳しいかもしれません。どうしても片手で使いたいという人は片手操作をアシストする機能の有無を調べてみましょう。手に持って使う場合は、重さや本体形状も重要です。重量は軽ければ軽いほどいい……と言いたいところですが、ハイエンドスマホの多くはさまざまなデバイスを備えるだけにそこそこの重さがあります。それだけに、重量そのものよりも重量バランスが重要です。ある程度重量のあるモデルでも、バランスが良ければ長時間持っていても意外と疲れません。これだけは数値だけでは分からない点なので、形状の確認を兼ねて、実機を手に持ってみることをおすすめします。auスマートフォン Galaxy

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>