“カメラ:機種やメーカーの個性が一番見える所 “

現在のハイエンドスマホにおいて、競争が激しい分野がカメラです。アウトカメラはデュアル構成なのは当たり前、中にはトリプル(3つ)、クアッド(4つ)と数多くのカメラを備えているものすらあります。片側にカメラが複数ある場合、それぞれの“役割”をしっかりチェックしましょう。より広い範囲を撮影する機会が多いなら広角カメラは外せませんし、より遠くを撮影する機会が多いなら望遠カメラは欠かせません。何をどう撮影するのか、イメージしながら検討しましょう。昨今では、単純な「写り(映り)」だけではなく、AI(人工知能)を生かした機能を数多く取り入れる動きもあります。一般的な所ではAIによる被写体(シーン)認識が知られていますが、AIを使って被写体に関連する情報を検索してくれたり、写っている文字列をリアルタイム翻訳してくれたりする機能を備える機種もあります。こういったカメラにまつわる便利機能を考慮に入れるのも“あり”です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>